不動産 それでも家を買いますか? 猫の引き起こした悲劇的な話

cats 不動産のためになる話

私は、家について購入派か賃貸派かでいえば

断然賃貸推奨派です。

 

極めつけの本当の話をひとつ。

 

以前ここで

「室内でペットを飼育すると

ほぼ必ず資産価値は下がる」

という趣旨のことを書きましたかね??

 

そのこと自体は、本当です。

 

引っかきによる床・壁・柱などへの傷はもちろん

ペットのにおいもあります。

 

ペットのにおいというのは

自宅のトイレと一緒で

生活をともにしている本人たちは

あんまり気にしなくなっているけれど

第三者にはガマンしがたいものがあるのですね。

 

ましてや自分のペットではないわけで

かわいくもなんとも無い(笑)

なおさら、ってやつです。

 

まあでも、自宅でペットを飼って

自分の資産価値が下がるだけならば

他人がとやかく言う話でもありません。

 

問題は、よそのお宅でペットが飼育され

その被害が我が家に及ぶ、というケースです。

 

実際に私が見聞したところでは

あるマンションの一室で

猫を数十匹放し飼いにしていたケースがありました。

 

数匹じゃなく、数十匹を放し飼いですよ!!

 

その部屋の所有者兼飼い主は

別宅に居住しており

たまに餌をあげに来るんだそうです。

 

つまり、そのマンションの部屋は、猫しか住んでない。 

その猫のためのマンションのお部屋が

どのような惨状になっているかは想像に難くないでしょう??

写真を見ましたが、なんと表現してよいやら。。

 

餌は食べてるから、猫は生きています。

ただ、衛生面はそうとうキツイ。

 

隣の部屋のベランダにも出没するらしい。

ということは、窓があいているのでしょう。

 

そうなると、つまり

お隣さんにオイニーもダイレクトに直撃です。

 

お隣さんは、もちろん苦情を言いました。

 

でも、実際有効な手立てってそんなにありません。

訴えて勝ったとしても

お金が払われる可能性は低いでしょう。

そのような非常識な行動ができる人間がお金を払う約束を守るわけがありません

そもそも、そのような飼い主は、愛猫家ですらないでしょう。

 

結局お隣さんは引っ越したといいます。

 

引っ越すだけでもお金がかかるのに

もしかしたら、猫部屋のせいで

お隣さんの部屋まで安く買い叩かれたに違いありません。

 

こういう話は、全国どこででも

起こりうる話です。

 

むしろ、超高齢化社会の日本です。

ご高齢者が認知症でどのようなことをするかは未知の領域です。

 

それでもあなたは家を買い

はたまた

家を買うことを

人に自信をもっておススメできるでしょうか??

 

ちょっと、今の私には出来そうにありません。よ。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました