FX 自動売買ソフト(EA)運用報告 2020年6月3日 ドル円予想

money 自動売買ソフト(EA) 運用報告

ここしばらく1ドル107円台を行ったり来たりのレンジ相場だった

米ドル/円が6月2日に少し動きがでました。

 

こんな感じです。

chart

 

赤丸で囲ったように

何度も108円を超えられずにおり

4度目もまた108円を超えられずに下がるのかな〜?

と思いきや、グイーンとあっさり108円どころか108.900円近くまで上昇しました。

100pipsくらいですね。

 

他人の意見は参考にならない

Twitterでは、有名な億トレーダーさんが何度も

108円は超えない」と発言して、ショートポジションを持っていますが

現時点ではヤバそうです(デモとの噂が強いので、どうでもいいですが)。

 

また、昨日の為替ニュースでは、動きの鈍いドル円相場に対して

「アメリカの暴動がリスクだけど、コロナ収束後の経済回復への期待もあり、動きが鈍い」

と書いてありました。

そんなわけありませんよ。

ただ、何かもっともらしい理由をつけてみただけの話で、意味のない話です。

ではなぜ、その後、急に上昇したのでしょうか??

アメリカの暴動が収束したのでしょうか?

私が常々「ファンダメンタルは無視」と言っているのも、情報が胡散臭いからです。

 

次の動きを予想してみる

私の動かしているEAは、まず107.800円あたりでショートポジションを取りました。

何回か108円を超えずに下落したのですから

また同じことが起こると予測するのは普通のことです(EAが勝手にやったことですが)

ですから、108円後半の現時点では絶賛含み損中です。

6月に入って設定を強気に変更してしまった矢先にこれです。。

FXあるあるですね。

 

普通なら、何回か否定された108円を勢いよく突破したものの109円には届かなかったので

次は109円が壁になって、108円まで戻したりするのかなあ?と考えます。

「なんか、ここでショートを入れたら、儲かりそうな気がする」

そう思いませんか?

 

何度も書いていますが、自分の直感は、他人の直感とも似ていますから

それに従うのは敗者の道です。

 

ここで、ドル円の日足チャートを見てみましょう。

上位足のチャートを確認するのは鉄則です。

chart

すると、109円あたりというのは、さほど意識されている形跡がなく

赤丸の高値109.430円くらいが、次に意識されるラインと思われます。

 

ですから今の108.800円付近で、値頃感でのショートはNGです。

ショートするなら109.400円くらいまで引きつけてショートです。

 

もちろん、109円すら超えず、108円に近づくこともあるでしょう。

でも、108.800でショートを入れなかったことを後悔することはありません。

損もしなければ、得もしていないだけです。

 

私としては

多くの個人投資家が108.800円付近でショートを持つ

→大口投資家は、個人投資家に損をさせて儲けたい

→109円を超えて損切りさせたい

→つまり大口投資家は109円台でショートを持つ

というシナリオを考えます。

 

と、これを書いているうちに

ドル円が108.450円くらいまで落ちてきました。

私の利確ラインが108.100円くらいなので、もっと下がってほしいですが

あまり期待はしていません。

しばらくは、現在のポジションを持つことになりそうです。

ではまた。

 

無料でもっと安全なソフト(リスクとリターンは1/3以下です)はこちらから入手できます。

 

タイトルとURLをコピーしました