FX 自動売買ソフト(EA)運用報告 2020年6月5日 ドル円予想?

自動売買ソフト(EA) 運用報告

6月3日にドル円の動きが出て、その後の動きを予想しました。

 

6月3日に108.800円くらいまで上昇をしたけれど

値頃感でのショートは入れるのは賢明でないと書きました。

《6月3日午前の1時間足》

chart

そして、109.400円くらいまで上昇したらショートで入る、と。

《6月3日 午前の日足》

chart

 

2020年6月5日 午前の状況

 

chart

 

6月3日以降も、ジワジワと上昇し

これを書いている少し前には109.220円まで上昇しました。

2ヶ月ぶりの高値水準だそうです。

へえ。という感じです。

 

ともあれ6月3日の時点で

「約100pips上昇したのだから、そろそろ下がるだろう」

と思ってショートで入った人は、現在ヤキモキしていると思います。

私も、引き続き、含み損拡大中ですから。

 

再確認したいこと 上か下かを予想しない

私にドル円が上がることを予想する能力はありません。

108.800円の段階でテキトーに「上がる」と言っても「下がる」と言っても

50%の確率で当たります。

50%の確率で外れます。

 

私は6月3日に書いた大意は

108.800円から下がるかもしれないけれど、上がるかもしれない(笑わないでください)

ショートを持っている私は下がってくれたら嬉しいけれど

たいてい自分の直感や希望的観測とは逆行するもの。

109円を超えていくと、ショートポジションの損切りを巻き込んで

さらに上昇加速するかもしれず

日足レベルでの直近の目立った高値である109.430円くらいまでの上昇を覚悟し

ショートを入れるならそこまで引きつけたい

というものです。

 

FXは「上がる」「下がる」の「当たり」「はずれ」を競うものではありません。

私は個人的には、70pipsくらい急落してほしいですし

109.400円くらいまで上がってほしいとは微塵も思いません。

仮に上がったとして「予想が当たった。俺って天才」などとは決して思いません。

私は109.400円にショートの指値を置くつもりですが

(EAの運用報告と矛盾するので思案中。おそらくEAが勝手にポジションを持ちますので)

109.400円になったらなったで

さらに上に行ってしまうのか、下落をするのか、常に50%の確率問題は残ります。

 

資金管理が一番重要

私たちが相場から退場しないためにできることは

予測の精度をあげることではありません。

極論をいえば、予測などしなくてもいい。

上に行こうが、下に行こうが

ナンピンや両建てを駆使して、最終的に回収ができれば勝ちです。

そのために最も重要なことは

・低いロットでのエントリー

・余裕資金をプールしておく(FXに使える資金の半分はとっておく)

・上記の両方を組み合わせるのがベスト

です。

要するに資金管理の話です。

 

109.400円になりショートで入るとしても

さらなる上昇に備えて、それなりに低いロットでエントリーします。

ずっと、その繰り返しです。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました