不動産系 サンタ郎が持ってる資格と少し自己紹介

Santaro 宅建合格に役立つ話

このブログは、一人称が「父」のサンタ郎が

二人の子どもに向けて一方的に語りかけるブログなので

子どもに向けて、自己紹介をしたり経歴を書くのは不自然です。

 

しかしながら、これを読んでいるのは我が子だけではないですし

誰かのお役に立てるのならそれはとても嬉しいことなので

読者の疑問にお答えする必要もあろうというものでしょう。

 

そこで

あなたはきっと思ってるはずです。

 

「お前は誰だ!?」って

 

「エラそうにクダクダ書きやがってよぅ」

と思わないで頂けたら幸いです。

 

わたくしサンタ郎は、

現在おっさんと呼ばれるほどでも、お兄さんでもないくらいの普通の男です。

 

妻の夫。で2児の父。

 

かつて不動産系の資格で合格したものは

 

・宅建

・管理業務主任者

・マンション管理員検定(笑)

・競売不動産取扱主任者

・不動産鑑定士 短答式

 

です。

 

これで、少しは話を聞いてやってもいいかな?

って気になりますか(笑)

 

まだダメですか?

 

ちなみに不動産鑑定士試験の論文試験

マンション管理士試験には落ちたことがあります!

 

少しは親近感湧きました?(笑)

 

手当たり次第資格を狙ったわけではなく、

不動産の知識を少しでも維持・増強しようと

自己研鑽のためにそれぞれの試験に挑みました。

 

現在特に鑑定士試験やマンション管理士試験を

目指しているわけではありません。

 

以前、マンション管理士にかけた時間は1週間でした。

 

落ちました。

 

自己採点が思ったより低くて、悔しくて悔しくて。

 

その1週間後に控えていた

管理業務主任者試験までの1週間、頑張りました。

 

かなりラクに合格しました。

 

マンション管理士試験も

あと1週間の時間を取っていればなあ、

なんて無意味な妄想を抱いていたこともありました。

 

じゃあ、早くテクニック的なものを語れよ

と思うかも知れません。

 

でも、ゴメンなさい。

今はまだ、あまり言いたくないのです。超出し惜しみします。

 

そもそも1週間とか2週間で合格したとか、

「ウソつきめ」

と思う方もいらっしゃるのかもしれません。

 

でも、ウソじゃないので、どうしようもありません。

 

自分の子どもに嘘をつくブログはみじめです。

「お父さんは昔はモテてたんだぞ」みたいな。

 

次回は、締め切り効果の話をしていきます。

タイトルとURLをコピーしました