美容師に聞いた おすすめドライヤー LOUVREDO 復元ドライヤー

独り言

ドライヤー使ってますか?

私は短髪男なので、一切使いません。

 

ただ、妻の使っているドライヤーも年季が入ってきていて可哀想なので

妻想いの夫としては何かドライヤーをプレゼントしようと思いました。

 

で、何を選べばいいのだい?

 

そんな人の参考になる情報をお届けします。

 

高級なリュミエリーナ社のレプロナイザーもいいけれど。。

 

男の私でも知っている高級ドライヤーに

リュミエリーナ社のレプロナイザーというものがあります。

dryer

数年前に

女性の同僚へのプレゼントとして、みんなでお金を出しあってプレゼントしたことがあります。

確か4万円くらいしたと思います。

高いですよね。

 

で後日、感想を聞くと

「すごくいいと思うんですけど、私には重くて腕が疲れます。私は髪が長いので」と言われました。

なるほどなるほど。

女性は男性が思うよりも長い時間、ドライヤーを持っているのですね。

言われないとわかりません。

男のよくないところです。

 

ちなみにリュミエリーナ社のレプロナイザーは約700g強あります。

元同僚よりも小柄な妻へは、もっと軽いものでないとダメそうです。

 

美容師さんに聞いてみた

それで、家族ぐるみの付き合いのある

パパ友の独立自営の人気美容師さんに聞いてみました。

 

そのお店で、レプロナイザーを使っていたのを見たことがあり

しかしながら別のドライヤーも使っていたので

 

「で、結局、どれがいいのですかね?」と尋ねてみたところ

即答でした。

 

美容師が店と自宅で使うドライヤー LOUVREDO 復元ドライヤー

美容師さんいわく

LOUVREDO(ルーブルドー)という会社の 復元ドライヤー超絶おすすめ、とのことでした。

 

 

 

復元ドライヤーの何がいいのか

復元ドライヤーは

正直ネーミングがちょっと・・・と思わなくもないですが

 

リュミエリーナ社のレプロナイザーについてのプロの目が意外と辛辣でした。

価格が高い

プロも効果に気づけないマイナーチェンジを繰り返し、

 値段だけが毎年1万円上がっているイメージ。

 今は6万円とかするらしいですよ。

 

そして元同僚の「重い」の評も添えておきましょう。

 

一方で復元ドライヤーに対しては

・レプロナイザーに比べたら価格が安い

(といっても、ホーム版が15,700円、プロ版が23,800円で、高いっちゃ高い)

皮膚に近づけてもヤケドをしないので、髪を乾かす以外にも温風を体の各所に当てるだけで

血行が促進されて、肩こり、眼の疲れ、バストアップ、ヒップアップにも効果あり(本当かよ??)

らしい。

バストアップ、ヒップアップはどうでもいいですが(よくない?)

先端が熱くならないので、血行はよくなりそうです。

(逆にレプロナイザーは、ヤケドの心配を排除しないようです)

 

美容師さんの奥様が教えてくれたのは

「熱くならないから、子どもの髪を乾かすのにヤケドの心配をしなくていいし

子どもが自分で扱っても安心」とのこと。

子育て家庭にとっては、大切ですね。

 

重さはどうなのか??

レプロナイザーの重さが700g強だと書きました。

 

では、復元ドライヤーの重さを調べたところ

プロ版が670g 

ホーム版が715g 

 

と、復元ドライヤーのプロ版がもっとも軽量でしたが

ほとんど変わりはないことが分かりました。

 

重さよりも大事なこと

いくつか、お店でドライヤーを持たせてもらったところ

確かにどのドライヤーも重さ自体に大差はないようでした。

 

どうやらドライヤーの

扱いやすさ(自分またはブローする際の)

疲労の感じやすさ

を決定づけるのは

 

重さよりも、持ち手の長さと先端の長さのバランスにあるようです

 

結論からいうと

復元ドライヤーの場合は、ホーム版よりも

プロ版のほうが持ち手が長くて扱いやすいようです。

 

また、音に関しても、プロ版のほうがホーム版よりも静かです。

 

復元ドライヤーは家電量販店では売っていない

復元ドライヤーは、家電量販店では売っていません。

Amazonでホーム版は入手することができますが

プロ版となると、お近くの美容室で注文するのが最も早く入手できる方法です。

 

私は、美容師さんにお世話になっているので

美容室でプロ版を注文して入手しましたが

 

美容師さんと奥様いわく

ホーム版は少し音が大きく、プロ版に比べたら扱いにくいけど

慣れたら気にならないとのこと。

 

リュミエリーナ社のレプロナイザーは高すぎるし

Panasonic社のドライヤーはあまりプレゼント向きではありませんが

この復元ドライヤーは、価格、知名度、性能の総合点において

女性へのささやかなプレゼントにも向いていると思います。

 

最後に、妻にサプライズプレゼントしたところ

「これすごーい」「やった〜」

とか全然言いませんでした。。。(妻も美容室が同じなので、ドライヤーのことは知っている)

ただ、粛々と古くなったドライヤーを処分していたので

一応、我が家の「正ドライヤー」の地位は得たようです。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました