不動産 競売で銀行に家を取られる?バカな。

mortgage 不動産のためになる話

飲み会で仕事の話になったとき

競売の流れについて質問されることがあります。

 

そんな時、意外にも多くの人が

「ローンの支払いが滞ると、家の所有権が銀行に移る

まさに銀行にブン取られる 

そんなイメージを持っていることに驚きます。

 

外国映画なんかでも

「抵当で取られた~」とか言って

銀行を悪魔の化身のように言うシーンを見ることがあります。

 

私だけでしょうか(笑)?

 

そんなシーンをみると

銀行員でもない私は

「何を被害者ぶって」とか思っちゃうんですけど。

 

性格悪いですかね。

 

知っている人にはつまらない話です。

 

ローンの支払いが滞っても、銀行に所有権は移りません

 

ローンを組んでいるあなた

お手元の「金銭消費貸借抵当権設定契約証書」をご覧下さい。

 

どこにもそんなことは書いてありませんから。

 

銀行は、あなたのお宅の所有権なんて、いりません。

断じて。(たまに自己競落といって落札します)

 

欲しいのは、お金です。

元金と利息です。

「貸した金返せよ」です。

 

貸し手たる銀行としては

あなたがローンを払えないのなら

とっととあなたのお宅をお金に換えたいのです。

 

あなたが嫌だと言おうがなんだろうが

滞納が続いた場合、お金を払ってもらうために

「競売なり任意売却なりの手続きをへて家を売ってしまう権利」

を銀行側に渡す契約

 

それこそが抵当権の設定契約というものです。

 

ですから「銀行に抵当で取られた」という表現は

ちんぷんかんぷんなんですね。

 

まず、銀行はお宅の所有権を奪わない。

 

次に、お金を融資してもらった時点で抵当に取られています。

下世話な言い方をすれば、はじめから金タ○を握られてるんです。

しかも、完済するまでずっと。

握られっぱなし。

 

ですから、ローンを滞納してしまった後になって

銀行側を悪魔のようになじるのはオカシイんです。

 

ちなみに、現在のほとんどの住宅ローン利用者は

住宅金融支援機構からの融資を受けると思います。

 

その場合、銀行はただの窓口・代理店です。

 

登記簿を見るとわかりますが

抵当権の権利者は「住宅金融支援機構(以前の住宅金融公庫)」であり

「取扱店」として銀行名が載っていると思います。

 

あなたのお宅の抵当権が実行されるとすれば

高確率で住宅金融支援機構の申立によるものです。

お金を出したのは住宅金融支援機構なので。

 

そういう意味でも、銀行に抵当で取られた

という表現のオカシサが分かってもらえたと思います。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました