FX 合成通貨(ペア)

mixed FX

合成通貨(ペア)は知っておいた方がよいでしょう。

 

例えば

ユーロ /円

ポンド /円

豪ドル /円

は合成通貨(ペア)です。

 

逆にストレート通貨(ペア)は

ユーロ /米ドル

ポンド /米ドル

米ドル/円

などです。

 

合成通貨(ペア)のユーロ /円のレートは

ユーロと円が直接の交換取引をした結果ではなく

 

ストレート通貨(ペア)

つまり、直接の交換取引がある

ユーロ/米ドル 米ドル/円の2つのレートの掛け算で算出されるのです。

 

ユーロ /米ドル 1.1000 ×  米ドル/円 100円 = ユーロ /円 111円

という感じです。

 

だから、ユーロ/円やポンド/円のチャートを見て

「上がった」「下がった」と思う裏で

ユーロ(ポンド)/米ドルと米ドル/円が

上がったり下がったりしているわけです。

 

米ドル/円以外の円のペアは「クロス円」

米ドルがらみのペアを「ドルストレート」

と言います。

 

父としては、ドルストレートの通貨ペアで取引を勧めておく。

日本人は、どうしても円のからむ通貨ペアを選択しがち。

 

現時点での世界の基軸通貨が米ドルであるのは疑いがない。

(1900年代前半まではイギリスポンドが基軸通貨で、将来的には人民元になるかもね)

米ドルともう一つの通貨ペアを見ている方がシンプルだし

インターバンクで取引されているので

テクニカルもシンプルに機能しやすい(と言われている)。

 

合成通貨(ペア)、米ドル/円以外のクロス円は

結局、合計3つの通貨ペアのレートを注視していないといけないことになります。

同じ労力を使うのであれば、米ドル/円、ユーロ/米ドルなどのドルストレートを複数チェックしたらいい。

 

マジで、ポンド/円のボラティリティとか、ヤバイのは以前も書いたよね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました