真面目なカンニングは正しい

monkey FX

昨晩、君は漢字の勉強を頑張っていました。

 

知らない漢字があったみたいで、

テキストの前に戻って確認してから書いていたら

母親から「見るんじゃないの」と怒られていて気の毒だったね。

 

父は、

「知らない漢字なんて、考えたって編み出せないのだから

どんどん見て覚えるしかないよねー」とフォローした。

「四は五画で、五が四画なのも不思議だよな」と言ったら

君は「俺があいつで、あいつが俺で みたいな?」と返してきたから笑った。

たぶん違うけど。

 

優秀な人はみな口を揃えていうことの一つに

「オリジナリティはパクりの中から生まれる」

というものがあります。

 

別にオリジナリティはFXや投資に必要ではないけれど

自分で考えてわからないことは、他の人の頭脳を借りるしかないし

頭脳を借りられたその人も、君たちに頼られて悪い気はしないでしょう。

 

父は、怠け者です。

いつも何か手を抜けないか、近道はないか、効率のよいやり方はないか

と不真面目な事をかんがえています。

四六時中かんがえています。

 

そうすると、そんなにも長い時間を費やして手を抜くことを考えているということは

逆にマジメなんじゃないか、とも思えてきます。

いや、確実にマジメだな。

 

だからこうして、誰が読むともないブログを毎日書いたりもできる。

 

君たちが真面目な性格だということは

毎日見ていれば分かることですが、真面目がすぎても心配です。

 

ちょっと考えてみて、わからなかったらカンニングしちゃいなさい。

不良な父からのアドバイスでした。

 

タイトルとURLをコピーしました