FX キリ番のライン表示とボックス

cat inbox FX

前回、水平ラインでキリ番(ラウンドナンバー)を表示させました。

実は、MT4というツールでは手動でキリ番に水平ラインを描くのが面倒です。

簡単なのかもしれませんが、父にはよく分かりません。

 

世の中って、本当に便利でして

ネットで「Grid Builder MT4」とでも検索してもらうと

Grid Builderというキリ番に水平ラインが簡単にひけるインディケーター

がダウンロードできます。

他にも同種のインディケーターはありますので

色味とか使い勝手を試してみたらいいでしょう。

 

以前、チャネルラインとトレンドラインは兄弟だという話をしました。

 

兄弟ということで言えば

「ボックス分析」は水平ラインの兄弟です。

 

ボックスというものを父は使わないけれど

チャートを四角で囲って、値動きの分析、予測をするトレーダーの人もいます。

 

言わずもがな、ボックスというのも

上の線と、下の線は水平のラインですし

高値と安値を意識して囲うわけですから

水平ラインと兄弟というか、もう双子ですね。

 

当ブログを読んでもらえれば、いろいろなことが繋がって

煩雑に思えたものがスッキリとしませんか?

しないですよね。カテゴリー分けも書く順序もぐちゃぐちゃですから。

画像も猫だし。

 

君は猫が好きなのに、猫アレルギー持ちでかわいそうです。

画像くらいは猫にしておきましょう。

このあいだ買った『俺、つしま』面白かったね。

 

何度でも書きますが

分析道具に善し悪しっていうのは特にありません。

ちゃんと、道具の仕様、使い方、目的を正しく理解することが大事です。

ノコギリで刺身はきれいに切れないし

刺身包丁で木は切れません。

 

道具への理解とあわせて

人間の心の動き(自他ともに)、大口投資家の動きなどを総合的に判断することでしか

FXで長い間、勝ち残ることはできないでしょう。

 

ある特定の道具による「売買シグナル」だけを頼りにするのはやめましょう。

かといって複雑になりすぎてもいけません。

なるべくシンプルに、自分の判断による、自分が後悔しないやり方で。

 

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました