FX 個人的な基本スタンス例として

stance FX

FXトレードの自動売買と

ポジポジ病について過去に触れました。

 

父の個人的なスタンスは

①破綻確率が低いと思われるロジック、ロットでの自動売買

②ストレス解消ポジポジ

③自分なりの根拠を基にした裁量トレード

 

の3つを組み合わせることです。

 

人間は欲望があるがゆえ挙動を制御しづらい以上

24時間稼働する自動売買を導入するメリットは大きい。

 

②のストレス解消ポジポジは、

そのうち頻度が減るのは間違いない。

 

ただ

自分の判断でトレードをする魔力には抗えないのだから

裁量トレードもやる。

やるからにはいくつかのエントリー根拠を持って

という風に考えています。

 

精神論ばかりで恐縮だが

自分なりの理にかなう必要はある。

私は「正しさ」に興味はないし

君たちが「正しさ」にこだわりすぎたら危険だとすら思う。

なぜなら、「正しさ」も主観的なものにすぎないから。

 

みんな、自分は理にかなった行動をしていると思いがちで

実際、私もそう思っている。

 

けれど、自分以外の他者や世界が

合理的という意味で理にかなって動くかどうか

理屈で動くかどうかは

まったくわからないし、我々にどうすることもできない。

 

ましてや我々が「理にかなった」から儲かるわけでは決してない。

 

しかしながら、自分なりの理屈がなければ

特に精神面で自分の安定性が保てない。

 

メンタルは鍛えられないが、自分なりの理屈によって

精神的安定は手に入る。

 

仮に君たちが大金を手にしたとしても

なぜ儲かったかがわからない

のは

なぜ損をするのかがわからない

のと同時進行だから、不安がおさまらないことだろう。

 

君たちがそうならないよう

父なりの理をこれからも伝えていけたらと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました