祈る人 天皇、ダライ・ラマ14世、カトリック教皇を拝見して

prayer 独り言

私は、今までも、そしてこれからも、無宗教です。

特定の宗教の信者の人は「無宗教?信じられない」と言うかもしれませんが、ほっいてください。

海外に行った時だけ面倒なので「Buddhist(仏教徒)」と答えるエセ仏教徒です。

 

竹内靖雄さんの『<脱>宗教のすすめ』

は、宗教も一つのサービス業であることを理解するのにとても役立ちます。

酒やタバコと同じで、「他人に迷惑をかけない範囲で本人が楽しむ分には自由

というスタンスを私も支持しています。

 

にもかかわらず、私は過去に遠くからではありますが

日本の上皇陛下

チベットのダライ・ラマ14世

カトリック教会の長・教皇フランチェスコ

を生で拝見したことがあります。

 

ダライ・ラマ14世は東京の講演で

教皇フランチェスコはバチカンの広場で。

 

私は無宗教ですが、宗教そのものには外野から眺める程度の興味があります。

 

日本の天皇陛下とダライ・ラマ、教皇との決定的違いは

天皇は天皇の子として生まれるのが原則ですが

ダライ・ラマと教皇の出自は一般人であることです。

 

チベットの場合は、輪廻転生を信じているので

先代のダライ・ラマが死ぬと、占いで「あの村にダライ・ラマの生まれ変わりがいる」と言って

遠くの村から将来のダライ・ラマを連れて来ちゃいます。

 

カトリック教会の場合は、コンクラーベという教会内の秘密の選挙によって選出されます。

現教皇フランチェスコが南米アルゼンチンの出身で、激動の人生を送ったことがあるのは

映画「ローマ法王になる日まで」でも描かれました。

 

皇室の存在を宗教とみなすかどうかの議論は置くとして

この三者に共通しているのは「祈る人」であるということです。

 

私は、祈る人をばかには決してできません。

ましてや、自分の人権の多くを制限されながら「祈る姿を見せる」ことで

世界中の多くの人の心を動かすこの方々は偉大です。

 

私は神を信じるものではありませんが

時として、ごくまれに、人間が神聖さをまとうことがあることに、心が震え、謙虚になれます。

 

あなたの今日が良きものでありますように。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました