父のレシピ 麻婆豆腐編

Mabodofu 父の趣味

かつてブログにおいて

トレードとレシピを組み合わせるバカがいただろうか、いやいない。知らん。

 

「子どもに伝えるFX・投資のこと」

というブログタイトルではありながら

前人未到、前代未聞、空前絶後の試みとして、レシピを載せます。

 

ちなみに我が家では食事の120%を父である私が準備しています。

妻が作ることも激まれにあるものの

100%を超えるのは

本来なら準備しなくてもいいはずの間食や夜食まで

私が提供しているからです。

 

そして先日、息子が「お父さんのレシピを知りたい」と言ってくれました。

息子のメモ能力を、私はまだ信用していないので

ここに記しておきます。

 

第一弾は麻婆豆腐

私はなぜこの味がそとで食べられないのか謎!

提供するお店があるなら週一で通うのに。

でもないから自分で作ります。

家族全員が好きな味です。

麻婆豆腐好きが高じて、こんな本まで読むくらいです。

 

用意するもの

・しょうが(粗みじん) そこそこたくさん

・ごま油 適量

・豆腐(絹ごしがおすすめ) たくさん

・長ネギ 適量

・豚ひき肉 食べたい分だけ

・鶏ガラスープの素(ウェイパーとかでも可)

・豆板醤(メーカーはyuukiがイチ押し)

・花椒(ホワジャオ)

・水溶き片栗粉

・塩

・醤油

 

手順①

ごま油を鍋にひき、あらみじんにした生姜を入れる

香りがしてきたら

豚ひき肉を色が変わるまで炒める。

鶏ガラスープの素、豆板醤も投入。

 

手順②

別の鍋にお湯を沸かし、塩を入れて

さいの目に切った豆腐を茹でる。

 

手順③

茹でた豆腐を、ザル状のものですくって

ひき肉の鍋に入れる。

茹で汁も一緒に入るくらいでちょうどいい。

 

手順④

火にかけて、肉と豆腐を馴染ませながら、長ネギを投入

味見をして、薄かったら醤油で調整。

 

手順⑤

一旦、火を止めて、水溶き片栗粉でとろみをつける。

 

手順⑥

花椒(ホワジャオ)をかけて召し上がれ。

 

我が家にはちびっこがいるため

豆板醤は各自であとのせにしており

豆板醤を入れていないのが、この画像。

麻婆豆腐というより、肉豆腐!!

豆腐が多すぎるのは、麻婆豆腐とは豆腐を食べるものだと思っているからです。

 

ポイントは

・ごま油でたくさん生姜を炒めること。

(経験上、生姜はどれだけ入れても邪魔をしない)

・豆腐は必ず塩茹ですること。

(これが一番大事。劇的に崩れにくくなり、食感が向上する)

・ひき肉は、合い挽きや牛肉よりも豚肉のみが好き。

オススメの豆板醤はこちら。

 

最近、家庭料理っていうのはレシピを見なくても作れないとダメ

という心境になってきました。

それくらい何度も作ったりすることで、アレンジをすることもできるし

覚えられるくらいシンプルなほうがいい気がしています。

 

これってトレードも同じです。はい。無理やりです。

ではまた!

なにやってんだか。。

タイトルとURLをコピーしました