自分を変えたい人へ おすすめ映画 ベスト10 

cinema おすすめ映画

学生時代、中谷彰宏さんの本をたくさん読んでいた私は

学校にはほとんど通わずに、1日に映画館をハシゴしながら

2〜3本の新作映画をみるという生活を送っていました。

 

これは自慢でもなんでもありません。

学生料金で見られるのは今のうちだと自覚していたことと

ほかに時間の有効活用が思いつかなかっただけです。(学校行けよ、と今は思う)

 

今までの人生のトータルで見た映画の本数は、大したことはありません。数えていませんし。

ただ、一時期に集中して数百本の映画を観た経験

というのは、確実に私のなかに足跡を残しています。

 

メジャーな作品では飽き足らず、

どんどんマイナーな単館上映の映画を漁るようになったりもしましたが

結局、映画は自分が楽しめればそれでいい、という結論に落ち着きました。

 

そこで、私が繰り返し観ているお気に入りの映画、ベスト10を紹介します。

観なくても人生で損をしたりすることはありません。

SF・アクション・ホラーなどは観ません。

 

1 『カッコーの巣の上で』

ジャック・ニコルソンが出ていれば、それだけで名作。

 

2 『きみに読む物語』

レイチェル・マクアダムスはチャーミングという形容がぴったり。

ライアン・ゴズリングも『マネー・ショート』や『ラ・ラ・ランド』などで今やトップ俳優ですね。

 

3 『I am Sam アイアムサム」

何回見ても涙が出ます。ショーン・ペンは天才です。

 

4 『二十日鼠と人間』

ひたすら切ない、名作。

 

5 『ペーパームーン』

松本人志も大好きな、可愛い映画。

 

6 『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』

銃撃戦のシーンが多いけど、誰ひとり死なない、優しい映画。

 

7 『RUDY ルディ』

日本ではほぼ無名の知られざる名作。小柄な男の子がアメフト選手になるまでの実話。

子どもに努力の尊さを教えるのに最適。

 

8 『スクール・オブ・ロック』

ロックが好きだから。アメリカのブロードウェイで見たミュージカルもなかなかの完成度。

 

9 『グッド・ウィル・ハンティング』

ロビン・ウィリアムズとマット・デイモンとベン・アフレック、最高。

 

10 『やさしくキスをして』

ケン・ローチ監督の、日本ではほとんど知られていない映画。

アイルランド人の女性ピアノ教師と、イスラム系移民の青年とのラブストーリー。

 

こうして10こ列挙してみると

自分ではどうしようもない超えられないハードル(知的・階級・身分・体格・センス・病気)

を超えようとする話が好きなことがよく分かりました。

 

これらのうちのほとんどの映画が

Amazon Prime Video

から観ることができます。本当にいい時代ですね。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました