不動産 宅建試験 目標は40点オーバーですよ。

40 宅建合格に役立つ話

問題数が50問になった宅建試験において

昭和56年以降の表を見てもらえればわかるとおり、

合格点が37点に(74%)なったことは2018年の一度しかありません。

 

だから37点以上を狙いましょう!

って言ってもよいのですが

 私ははじめから40点オーバーを狙っていましたし

自己採点の結果もたしか4243点くらいだったので

マークミスさえなければイケるなって思いました。

 

①32点を37点にする
②37
点を42点にする
③42
点を47点にする
④47
点を50点にする

 

はいずれも5点UPですが
がもっとも簡単。

3点UPですが、

よりも労力が必要だということは直感的にわかると思います。

 

というかも宅建合格には100不要な努力です。

合格に必要なのは程度の努力なのだ

という認識を大切にして下さい。
      
学習への時間配分面と精神衛生上、とても重要なことです。
      
の領域に首を突っ込む時間があったら

FXでもやってください。

 

でも、やるからには37点は、絶対目指しましょう。
      
少し時間に余裕のある方は、40点以上を目指しましょう。

 

40点オーバーなんて無理だよ、と思うかもしれません。

 

でも、狙うだけは狙いましょうよ。

父は気持ちの上では47点くらい目指してましたけど、それで43点とかです。

40点目指してたら43点は取れなかったと思います。

 

人間って結構そういうもんですよね?

 

40点オーバーを狙って初めて37点が取れるものだと感じています。

 

37点の重要性をもうひとつ言えば

自己採点で37点取れれば、その日から次のステップを前向きに考えられるんです。

 

何月に実務講習があるから受けようかな、とか、就職どうしようかな、とか。

 

これが34点とかだと、合格するかどうか発表があるまでモヤモヤします。

その間の時間が実にもったいないと思うんです。

 

発表があって、34点でも合格して「やったー」

ではなく、

受験後に合格を確信して、次のステップへと時間を費やすほうがいいに決まってます。

 

誰に言う必要もありません。

「次の試験は37点以上取って合格を勝ち取るぞ」と心に決めて下さい。

 

その為に役立つ情報を、父は必ず伝えていきます。

タイトルとURLをコピーしました