不動産 宅建試験 合格点を取る理屈

kid 宅建合格に役立つ話

以前に40点オーバーを狙いましょうよ、と煽りました。

 

50問中の40問、100点満点でいえば80点。
     
そう考えると高いハードルに見えます。

でも、父はそうは考えませんでした。

 

宅建試験は4肢択一です。

 

確率的に言えば、答えを全部「1」にしても12.5点とれちゃうわけです。

そういうふざけたマークシートは

はなから採点対象外になる可能性もありますが。
      

とりあえず合格ラインを最悪37点とした場合、

当てずっぽうでも12.5点、埋めるべくはあと25です。

 

父の戦略は最終的に

100%自信あるわ」という解答を

半分は確保するということにしていました。

 

25問については、4択のすべての肢につき

正確に正誤を判断できるように、ということです。

 

これって別に高いハードルじゃないですよね。

 

本音を言うと、半分の問題にさえ自信の持てない人は

合格しちゃいけないんじゃないでしょうか(笑)

せめて

せめて最低ラインは「自信を持って半分解答」を目指したいところです。

  

次に残りの25問をどうするかが問題となります。

 

25問を当てずっぽうにすると、確率的期待値はその4分の1ですから

 

パッと計算できないな。

 

6.25点です。

 

25+6.2531.25

 

年度によっては合格できるかも。

でも安心できる点数じゃないですね。

 

これから言うことは馬鹿馬鹿しいかもしれませんが、

父の当時の心構えを正直に言います。

 

「半分の問題は100%の自信で取るぞ」と思ってやると、

他の不安の残る問題の選択肢も

4択のあてっずっぽうではなく、2択で迷う状況になるんです。

 

そうすると、100%の25点に足すことの

25点の50%の得点が期待値としてはじかれます。

 

なんでか知りませんが、

半分の完全理解を目指すだけで37.5の目処がたつのです!!

 

父の資格試験の経験上、

宅建試験においては、半分の理解があれば、

十分に37.5点以上をマークすることが可能だと確信しています。

 

父からすると37.5点以上が取れない人というのは、

その実、50%の理解も得てない人であり、

業界参入はまだ早いよ、という人だと思います。

 

とりあえず50%の理解があれば

確率論的に37.5点という合格点を取りうるのだ

ということ知って下さい。

 

では、また!

タイトルとURLをコピーしました