ビジネス 身だしなみの基本講座5 小物・メンテナンス編

suit ビジネスの身だしなみ

Yシャツは「白の無地で胸ポケットなしを選択すべし」と書きました。

 

そうすると、財布やICカードや家の鍵やらを

スーツのジャケット・パンツのポケットに入れたくなりますが、それもできれば避けましょう。

せっかく、あなたの体型にフィットしたスーツの生地に余計な負担がかかり

型崩れの原因になります。

 

ポケットには何も入れない

くらいの意気込みでいてください。

最初は不便さを感じますが、そのうち慣れます。

 

リュック(デイパック)や肩掛けベルトを使用しない

これも超大事です。

 

自宅でのスーツの保管にも気をつけたいものです。

 

ハンガー

は、必ず写真のような肩の部分が肉厚なものを用意してください。

同型でプラスチックのものでも構いませんが、一度買えば、一生使えます。

 

洋服ブラシは動物の毛のものを安くていいので一つ。

 

スラックス用として写真のような、裾をはさむタイプのものがおすすめです。

裾をはさんで吊るし、ひざ裏にできるシワに、霧吹きで水をかけるだけ

スーツの重みもあってシワが伸びます。

 

かなり深いシワができてしまい、アイロンをかけなければ取れない場合は

ハンディ スチームアイロンの

Steam Q が断然おすすめです。

パナソニックやティファールの製品も試しましたが

これが軽くて、電源をONしてから使えるまでの時間が短く、ストレスがありません。

妻も愛用しています。

スラックス用のはさむタイプのハンガーに吊るしておくことで、一層アイロン作業がラクになります。

 

 

カラーキーパー

Yシャツの衿をピーンとさせておく、衿の裏に差し込むカラーキーパーというのも便利です。

プラスチック製の安い、3種類くらいあるやつを買っておけば、大体、どのタイプのYシャツにも合致します。

 

ガーメントバッグ

出張や、旅行や冠婚葬祭などの遠出の際に活躍するのが

ガーメンドバッグです。一つあるといいでしょう。

吉田カバンのものは数万円もしますが、こちらのGLEVIOの3,000円くらいのものが軽くて便利です。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました