FX 見ると得する 年利150%自動売買(システムトレード)の威力

FX

今回は、FX取引の自動売買の具体例を紹介します。

下記の2つの画像は

海外のXMというFX業者の口座

ある自動売買ソフト(EA)をセットして稼働させた結果です。

1枚目は2019年の3月6日に10万円を入金して

半年たった9月6日のもの。

 

62,981円が利益です。

次は、そのまま10月31日まで稼働させたもので

105,867円まで利益が増えました。

 

約8か月の稼働で

10万円の資金が2倍になりました。

利回りでいうと年利で150%といったところです。

 

不動産投資の利回りが5~15%程度だとしても

10倍は違うのがわかると思います。

 

このあと、元手にいれた10万円は引き出してしまい(手数料は引かれる)

利益である10万円で現在も稼働させているので

これが仮に0円になってしまっても、損失はないという状況です。

 

ただ、誤解しないでもらいたいのは

これは、ある意味、たまたま相場の環境とソフトの相性が良かった

というにすぎないということです。

 

というのも、このソフトを使用して

2019年1月初頭のフラッシュクラッシュと呼ばれる

米ドル/円の急落相場(5円以上下がったと思います)で

資金を失ったことを伝えなければいけません。

 

もう1点、資金を失った最大の要因

このソフトの基本のロット(賭ける量)の3倍くらいで動かしていたこと。

もし1~2倍の設定にしていれば、フラッシュクラッシュも持ちこたえられたはずです。

 

仕組みを導入していても、それをいじってしまう、欲深い私であった、というだけです。

 

だから、現在は控えめなロットで安全運転をしています。

 

安全運転していて、この威力。

ここ9か月ほど眺めていて(105~111円くらいの動きはあったと記憶)、

含み損が2万円を超えたことはなかったようにも思います。

 

ただ、この先

これが未来永劫続くとは考えていません。

 

その対策として

こまめに出金をしたり

資金量に応じて適切なロットの調整をしたり

時期によっては自動売買を停止させたり

ということが適宜必要になってくるでしょう。

 

また、ほかにも優秀(短期間で利益を上げるよう)な

自動売買のソフトというのがあると思います。

今の私には、これが性格的に合っているというだけで。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました