FX 取引スタイル

tradestyle FX

FXの取引スタイルには

大きく分けて5つあると言われています。

それぞれ、それだけで本が出版されるものですが、超簡単に解説。

 

1 スキャルピング

scalp(頭皮)を刈るように、小さい値動きを狙って、秒〜分単位の間で細かくトレードします。

1度のトレードでの損益は小さいので、何度もやります。

専門の人は1日で800勝200敗とか。すごいね。

ずっとチャート画面に張り付いていなければならないので、父はやれないし、君たちにもすすめない。

 

2 デイトレード

1日で取引(エントリーとイグジット)を完結させるスタイル。

スキャルピングに比べるとチャートに張り付く必要はないし、翌日にポジションを持ち越さないため

ゆっくり眠れる人気のスタイルです。

父は何度か挑戦しましたが挫けました。

理由は1日で終わらせると誓っていても、損失が出ているとなかなか損切りできず

「明日戻るかも。。。」なんて気持ちになってしまうから。

 

3 スイングトレード

厳密な定義はないようですが、数日から数週間、時には数ヶ月保有するスタイル。

スキャルピングやデイトレードよりも期間が長い分、値幅の動きも大きいので

含み損または含み益は大きくなる傾向です。

父は、なりゆきで、(デイトレードができないから)このスタイルかもしれません。

ロットさえ控えめにしておけば、チャート画面に張り付く必要もなく

ゆっくり眠ることもできます。

 

4 長期トレード

あまりいないと思いますが、

例えば現在のドル円110円はいつか90円まで下落するにちがいない

2年でも3年でも持つぜ。みたいな。知らんけど。

 

5 スワップトレード

割と日本人には人気があるようです。

スワップとは通貨ペアの金利の差を指します。

簡単にいうと

米ドル/円をロング(買う)と、持っているだけで毎日ちょっとずつお金が増えます

逆に

米ドル/円をショート(売る)と、毎日ちょっとずつお金が減ります

他にも増えるペアの保有の仕方はいくつもあるので

それに着目して(今だとトルコリラなのかな)スワップの増加を目的に長期で持つスタイルです。

父は、あまり興味がありません。

最初スワップの増加を見たときは「なんじゃこりゃ?」と思い嬉しくもありましたが。

2通貨の間の金利の差は変動するので、長期投資に本当に向いているかどうか

スワップの増加分より、価格の下落幅が大きくないか、は注意する必要があります。

スワップについては次回もう少し補足をしますね。

 

父としては、スイングトレードの心構えを持っておきながら

もし可能であればその日にトレードを終わらせるデイトレードをすればいいと思う。

下でも書いたけど

「取引を1日で完結させたい」という願いは

相場にとっては関係のない、自分の勝手な、ひとりよがりだからね。

ではまた。

 

タイトルとURLをコピーしました