FXトレード エントリーパターン

pattern FX

今回は、君たちに大事なことを教えます。

毎回そのつもりですが。

 

以前、相場でできることは

売るか、買うか、何もしない」の3つだと伝えました。

それ以外の何かがあるなら教えてください。嘘です。

 

さて、「何もしない」のは大切ですが、君たちが知りたいのは

「いつ売るか」

「いつ買うか」

の2点だと思います。

 

逆に問います。

「いつ売って、いつ買ったら儲かるのですか?」と。

 

一緒に考えてみましょう。

下の図を見てください。

相場にはレンジ相場とトレンド相場の2種類しかないのでしたね。

見づらかったらすみません。差し替えません。面倒なので。

今回は「買い(ロング)」だけで説明します。売り(ショート)は逆です。

 

儲けられる可能性があるポイントは青丸っぽいですよね。

・レンジ相場では、逆張りのロング

・レンジ相場のレジスタンスラインを突き抜けたところでロングエントリー(ブレイクアウト?)

・トレンド相場に突入後は、下がってきたところを拾う、押し目買い

ですね。

次も見てください。

今度は、青丸の左下で買うパターンです。

レンジ相場でも

一方向の流れの一部に乗っかるという意味では

「順張り」と言えそうです。

そうすると、先ほどのブレイクアウトでロングというのは

結果的にはレンジでの順張りの延長みたいに見えますね。

また、トレンドの大きな流れに乗っかる、順張りのトレンドフォロー

というのもあるでしょう。

 

どうですか?

これしかないって分かってましたか?

 

整理をすると

①順張りのトレンドフォロー(大きなトレンド・小さなトレンド)

②レンジ相場での逆張り

③ブレイクアウトでのロングエントリー

④押し目買い(戻り売り)

だけです。

 

極言すれば、すべてのFXトレード手法は

この4つのエントリーパターンに集約されるはずです。

 

このことを頭に入れておくと

今、自分が何のために勉強をしているのかを見失わずに済みます。

もっと早く書くべきでしたね。

 

とは言え、例えば押し目買い、戻り売りが難しいのも事実です。

それについては、また近いうちに書きましょう。

 

あまり複雑に考えずに、これしかないんだな、と思ってくれたら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました