億トレの秘密

bucks FX

Twitter界隈では

1億円以上をトレードで稼いだ人を

「億トレ」というようです。

 

結論から申し上げると、

君たちは最初からFXトレードのみで1億円を稼ごうとは

期待しないほうがいい。

 

たとえば現在Twitterで

「フォロワーのなかから億トレーダーを出す」

と言っている人たちがいます。

 

ある人は

100万円の資金を10万円ずつに分割

10万円でフルレバレッジでエントリー

2倍になる確率が50%と仮定し

倍額に増えた資金を全額つっこんでいくと

10回連続予想が当たれば1億円に到達。

10連続で勝つ確率は1/1024だけど

10回チャレンジできるから1/102(約1%)まで確率が下がる。

 

相場の読みがうまくなれば、勝率を60%、70%、80%くらいにあげることが

できれば・・・

 

ちょっとざっくり計算をしてみましょう。

勝率50%で10連続 勝つ確率 約0.1% 1/1024

勝率60%で10連続 勝つ確率 約0.6% 1/165くらい

勝率70%で10連続 勝つ確率 約2.8% 1/36くらい

勝率80%で10連続 勝つ確率 約10%  1/9くらい

 

それぞれ10回試行できるので

勝率50%だと100人に1人

勝率60%だと17人に1人

勝率70%だと4人に1人

勝率80%だと全員

が億トレーダーになれます。

 

わお、ごいごいすー。

 

と思っちゃうのなら

以前引用した『金融の世界史』をもう一度よんでください。。

《全米コイン投げ大会があるとしましょう。明日の朝、二億二五○○万人のアメリカ国民全員が最初に一ドルを賭けて、それ以降毎朝コイン投げをして、トーナメント形式で勝者を決めるのです。勝つごとに賭け金は上がっていきます。毎朝一回コインを投げると、一○日目の朝には一〇〇〇ドルの賞金を持った勝者が約二二万人残ります。さらに二○日目の朝には勝ち残った百万長者が二一五人ほど登場します。そしてそうなると、その勝者の多くは、自分は天才だと確信するようになるでしょう。『たった二○日で一○○万ドルを稼ぐ方法』というような本を出版する人もいれば、そんな本を買う人もいるに違いありません。》

 

勝率が50%だとして

99人が負けて、1人の億トレーダーが誕生することが

そんなにいいものだとも思わないし

君たちにこのような賭け方をしてもらいたいとも思いません。

 

運に全身をゆだねることは、人間として賢明ではないからです。

 

本当にその人が80%の勝率を維持するのなら

100万円の資金があれば、必ず億トレーダーになれるけれど

勝率が70%ならば、4人にひとりしか成功しないのだから

君は400万円必要になるかもしれない。

400万円が1億円になるなら、安い投資かもしれないが

勝率が維持されるものを担保するものはなにもないということを

忘れるべきではありません。

 

確率計算は強いにこしたことはない

と算数の偏差値32をたたき出した

のびしろしかない君をみて、そう思いました。

タイトルとURLをコピーしました