必見 FX 値動きのクセ

rope FX

FXの値動きについて、いつかまとめなくちゃいけないなと思いつつ

手元のメモが散乱しておりバラバラでの投稿で恐縮です。

以前、スキャルピングで有名な為替鬼さんがさらっと書いていた

重要な値動きのクセがあります。

 

例えば、ある通貨ペアが急落して、底を打ったように思うとします。

底を打ったのであれば、ロングのエントリーポイントとして良好なわけですが

下の図のように急落が急騰に転じることはしません。

というのも

下落の記憶が強く残っているので

上昇トレンドに転換したかどうかまだ懐疑派が多いため

みな様子見でちょっとずつしか買いません。

また、価格が少し上がっては、ロング勢の利食いがされることもあり

何度も下に押し戻されます。

それを繰り返しながら、わかりやすい高値を更新すると

「上昇トレンド」への転換を信じる大量のエントリーが加わることで

一気に急騰します。こういう感じ。

最初の値動きは鈍く

懐疑派が様子をみて

楽観派が勢いをつける

という流れですね。

 

この感覚は超重要です。為替鬼さんありがとうございます。

 

FXは売りと買いの綱引きに例えられることがあり

強い方の後ろにつくことが重要です。

また、相手方にいたはずの大口が、気づくと自分の後ろがわにいる

ということもあります。

 

我々がFXですべきことは、値動きのクセを正しく理解しながら

強いほうの綱を握ることです。頑張りましょう。

 

今回は短いですが、大切なことがブレてもいやなので、ここら辺にします。

タイトルとURLをコピーしました