FX 取引スタイルはスイングトレードがオススメ

trade FX

日本のFX専門誌であるFX攻略.comの最新号で

「波乱相場こそ短期戦略! スキャル&デイトレ」という特集が組まれていました。

 

波乱のない相場がいつ存在したのか?という素朴な疑問は見逃しましょう。

それよりも

スキャルピングやデイトレードを我々が導入すべきなのでしょうか?

 

スキャルピングとデイトレードの欠点

スキャルピングやデイトレードの詳細な説明は割愛しますが

スキャルピングは数分から数時間

デイトレードは24時間程度で取引を終わらせるトレードスタイルとしましょう。

 

メリットとしては、値動きが、長期的な経済要因(ファンダメンタル)に左右されにくい

つまり

「比較的」テクニカル分析によって利益を出しやすい可能性があるというものです。

私も、そうなのだと思います。

 

しかし、最大の欠点は、スキャルピングもデイトレードも

トレード画面を見続けなければいけないということです。

専業トレーダーなら可能かもしれませんが、専業でない多数の人にとって

一日中FXのチャート画面を見ながら、エントリーから決済を複数回するのは

実行可能性という点で、現実的ではありません。

我々はチャートを見続けるために生まれてきたのではありません。

 

また、FXで相場が動くのは日本時間の夜であることが多いですから

食事を取って、リラックスして睡眠を取るべき時間帯に

FXトレードをするのを、私は推奨しません。

健康を害してまでお金を稼ぐ意味があるのでしょうか??

 

儲かっているらしい人の手法を真似する前に

FX攻略.comという雑誌は、毎号毎号、同じ誌面の中に

真逆の立場の人がいるので、両論併記という意味では素晴らしい姿勢ですが

節操がない一面もあります。

 

あの雑誌に載っている人というのは「儲かっているらしい人」ばかりですから

手法を真似したくなる気持ちはわかります。

 

しかし、自分の生活スタイルやリズムを守ることのほうが

FXで稼いだり損したりすることよりも大切なはずですから

誰かの手法を真似するより前に、自分の望む生活パターンを見つめることが必要です。

 

子どもとの食事の時に

相場の値動きが気になってしまい、子どもの話をきちんと聞いてあげられない

みたいな人生は避けたいところですよね。

 

結局、スイングトレード一択。

私は、チャート画面を一日中見ていたくはありませんし

短期トレードで必須の損切りもなるべくしたくありません。

 

FXトレードで健康も損いたくないし、

日常生活面でメンタルにダメージを受けたくもありません。

いつも通り生活しながら、日に数回、自分のポジションを確認して

1週間に1回くらい利益確定ができたら、それでいいと思います。

なんだったら、日に数回のポジション確認さえも、本当はしたくない。

 

したくないことばかりですよ。

でもそれが、現在の私の偽らざる気持ちだし、お金儲けよりも優先したいことです。

 

私もFXをはじめた頃は

仕事中もこっそりチャート画面を見たり

エントリーしたりしていました。

今になって思えば、ただの中毒だったのだと思います。

中毒の人は、冷静さがなく、焦りがちなのが特徴ですから

最もFX取引をしてはいけないタイプでしょう。

よく負けました。

 

負けて良かったと、今は思います。

もし最初からスキャルやデイトレで勝っていたら

「FXは短期的にすぐに儲かる」という思考が定着していたでしょうし

一度そのような快感を味わってしまうと

なかなか抜け出せなかったことでしょう。

 

向こう何十年にもわたって、スキャルやデイトレで利益を積み重ねていくのは

仮に可能だったとしても、体力的にも精神的にも重労働です。

職人芸を身につけていないとまず無理かと思います。

私はそれを不労所得とは考えません。立派な労働所得です。

 

結局、体力的にも精神的にもストレスがなく

「あ、働いてないけどお金が増えてるぞ」という状態になるには

スイングトレード一択です。

 

ではまた。

 

スイングトレードの入門として低リスクな自動売買ソフトを

下記リンクまたはトップページにて差し上げています。

 

タイトルとURLをコピーしました