レバレッジの高い低い 試算してみたよ

leverage FX

レバレッジは「てこ」のことで

少ない元手資金をもとに、元手資金以上の取引をしたりすることができます。

 

FXに限らず、不動産売買でも使われる合法的なテクニックのひとつです。

 

FX界隈(雑誌やTwitterなど)では

高レバレッジは危険」と言う人もかなりいます。

これは一部は正しくて、一部は間違えてると思います。

 

では逆に「低レバレッジは安全」と言えるのでしょうか?

 

ここではXMという海外のFX業者の888倍というレバレッジと

現在の国内FX業者での上限レバレッジ25倍とを

①10万円を元手

②ドル/円レート110円をスタートに

③1,000通貨(110,000円)=0.01ロット

を買ったケースで考えてみます。

 

ドル/円が1円(100pipsともいう)変動すると1,000円損益が発生します。

では下記の表を見てください

ひとつの目安として

証拠金維持率というものが100%を切るようだとロスカットまでが近い

と考えてもらって構いません。

 

青いところを見てください。

レバレッジが888倍だと

証拠金維持率が100%になるのは

110円のドル/円レートが10円24銭の時

 

レバレッジが25倍だと

証拠金維持率が100%になるのは

110円のドル/円レートが18円20銭の時

 

どちらが、長い間相場にいられるかといったら

一目瞭然で、888倍で取引している時でしょう。

 

現実には、110円のレートが10円になったり、18円になったりはしません。

(その前に、日本銀行が必ず為替介入します)

 

でも、なぜ「高レバレッジは危険」という人がいるのでしょうか?

 

ひとつは

「同じロット(数量)で取引するなら高レバレッジは低レバレッジよりも

資金効率はいいが、高レバレッジを使う人は、ロットを上げがち

結果、早く資金を失う

という意味で「危険」という

少し言葉足らずな人。

 

もうひとつは

海外FX業者へお金が流入していくことで

利益を失うことを恐れる人々。

つまり、競合である国内FX業者または

国内FX業者をスポンサーとしている人が考えられるでしょう。

 

まあ、そんなことは、我々にとっては実はどうでもよいです。

計算をしてみれば、誰にでも理解ができること。

 

レバレッジは、888倍だろうと、25倍だろうと

飛び道具であり、

使い方を間違える(ロットを上げすぎる)と危険なことに変わりはありません。

 

銃も自動車も薬も、用法、容量を守った上で適切な使用を心がけるだけのこと

ですよ。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました