マーケットメーカーの特徴

trump2 FX

最初のほうの記事で、FX市場に参入しているプレーヤーとして

下記のようなものを列挙しました。

 

1 私たち個人
2 銀行
3 中央銀行
4 機関投資家(ファンド)
5 輸入企業
6 輸出企業
7 年金機構など

 

常々、為替相場を動かすのはマーケットメーカーといわれる

大口の法人のみ

と私は主張をしていますが

 

それぞれのマーケットメーカーにも違った特徴があります。

その代表的なものが

ポジションを保有する期間です。

 

ファンドまたは投機筋(特に欧米系)は、ポジションを長く持てない

つまり

短いスパンで買って売ってを繰り返し、一定期間の業績を評価される、ということです。

 

逆に、年金の運用機関、生命保険会社、損害保険会社、政府系ファンドや中央銀行らは

その組織の大きさから、意思決定こそ遅いものの

一度決めたらその方針に従って一方向に売る、買うをすすめていく特徴があります。

 

なんとなく君たちにも分かりますよね?

大きい会社の意思決定の遅さ、一度決まったことを機械的に進める感じ。

 

ここで重要なのは

トレンドを作り出しているのは

年金の運用機関、生命保険会社、損害保険会社、政府系ファンドや中央銀行ら

ということです。

 

われわれ個人はトレンドなんて作れませんよね?

短期の投機筋も、必ず反対売買をすると考えると

反対売買というのは、トレンドを作るというよりは、トレンドの動きにブレーキをかけるものです。

実需といわれる、輸入企業、輸出企業も売り切り玉、買い切り玉で、継続性がありません。

結局、大きな一方向へのトレンドというものは

本質的には

年金の運用機関、生命保険会社、損害保険会社、政府系ファンドや中央銀行ら

が作り出していると言えます。言えると思う。違ったらごめん。

 

さて、それで米ドル/円に関して参考になる数字として

日銀短観の想定為替レートというものがあります。

短観(要旨)(2019年12月) : 日本銀行 Bank of Japan

 

大企業・製造業の想定為替レートということですが

日銀が発表しているくらいですから

日本の大口金融機関たちも参考にはしているはずで

みんな、これくらいの米ドル/円のレートで考えているということです。

今は109円くらいですから、2円くらいは下がるかなあ、と考えていることが読み取れます。

 

なにも、これからドル/円の相場が円高にふれる

と予測したいのではありません。できません。

 

1年を平均してみれば、ドル円のレートは

この想定レートの上下3〜5円くらいに収まる可能性が高いと言いたいのです。

なぜなら、この想定レートを大きく逸脱することは

日本の大企業、大口金融機関は望んでいないと思われ

逸脱しそうな場合は、このレートに近づけるべく資金投入をするはずだからです。

 

もし仮に、今のレートが想定為替レートと大きく乖離している場合は

この想定為替レートに向けてのトレンドが発生する可能性があるし

そのトレンドを発生させることができるのは誰か?そういう話でした。

 

タイトルとURLをコピーしました