FXとポジショントーク

toung FX

Twitterを見ればすぐ分かりますが

本当に多くの人が

「今週のドル /円は下がる」

「これから夕方にドル /円は上げる」

とか無責任に発言しています。

たかが「つぶやき」に責任感を求めても大人げないですし

思いついたことをポロっと書けるのがTwitterのよいところです。

 

FXでも株式でも金融業界で流れてくる

あらゆる情報、ニュースは「ポジショントーク」だと思っておいたほうがよい。

ここでいう「ポジショントーク」とは

自分のポジションに有利に相場が動くような発言

の意味です。

 

例えば

「これからドル /円は上がる!」と言っている人は

その人自身、ドル/円が上がってほしいという願望があるわけです。

ドル /円をロングしたばかり(で利益が乗ってきてほしい)

とか

ドル /円の下落で含み損を抱えている(から、含み損を解消したい)

とかです。

 

フォロワーさんが多ければ多いほど

「これからドル /円は上がる!」との発言で、ドル/円を買う人が出てくる可能性がありますから。

 

株式(有価証券)では、似たような動きは「風説の流布(ふうせつのるふ)」

として刑事罰の対象になり得ます(以前、ホリエモンがその容疑で逮捕されました)。

が、FXは相場予測なので、いくら適当なことを言っても大丈夫なようです。

 

政府要人も、ロイター社、ブルームバーグ社のマスコミも

みんなそれぞれの都合や裏にいるスポンサーに合わせた発言しか流しません。

君たちが生まれて間もない2011年3月に

福島の原発について政府が「爆発しない」と言った矢先に爆発したことを知っておこう。

 

ある人がTwitterで

「もう上昇は止まる」「もっと上がる」「下げてくる」

とかクルクルと変わる相場予測をしていて

父はあんまり当たってないなあ、なんて思ってたけど

どうやらその人はたくさん利益を出しているらしくて

それがずっと不思議でした。

今も不思議ですが

もしかしたら

その人は実はTwitterでの発言とは全く別の動きをして利益を出している

利益を出しているのが嘘かの

どちらかなのかもしれないと思っています。

つまり、どこかに明白な嘘を抱えながらの意図的な発言かなあ、と。

 

ともあれ、君たちもあまり情報を鵜呑みにしないほうがよいでしょう。

二枚舌なんてこの世では当たり前だと知ることが重要です。

仮に「これこれの理由があるから相場は上がる」と言っていたとしても

同じくらい別の角度から「これこれの理由があるから相場は下がる」

とも言えるのですから。ね。

タイトルとURLをコピーしました