初心者と言わずに本番を

drums 投資全般

FXに限らず、どんな業界においても

「わたし、初心者だから」とか言っている人がいます。

 

父から君たちに言いたい。

「初心者なんて早く卒業しなさい」

 

自分のことを初心者だと表明することは、何事においても全く不要です。

むしろ「初心者だからお手やわらかにしてね」

という甘えが透けて見え、非常に見苦しい。

 

特に、相場やマネーゲームにおいて

われわれが初心者であるか否か初心者を自認しているか否か

は全く関係がないのです。

むしろ初心者は絶好のカモなわけだし

自動車だって、初心者マークをつけているから煽られるということもあるわけです。

免許持ってないけど。

 

父がまだ学生だったころ、塾の講師のアルバイトの面接にいきました。

私を含む10人くらいが教壇の前にならび

机に座っている塾長と集団面接をしました。

私の隣の女性が

「子どもたちから色々なことを学びながら、一生懸命やりたいです」と言ったところ

塾長が

「あなたは、子どもに教えるためにいるのに、子どもから教わってお金をもらうつもりなの?」

と言って場を凍らせました。

でも正論です。

 

いつまでも「初心者なので・・・」とか言っているのは恥ずかしいと自覚して

本番にチャレンジしたり、対価を払って学習すれば

小学生でも成長できるはずです。

 

父だって、君たちの親をやるのは初めての経験だけど

「子育て初心者なんで・・・」とは言っていられない。

FXもデモ口座だけで取引していて、本番の取引にいつまでも参入しないのは意味がない。

 

有益な情報は与えられるものではなく、自分から取りにいく。

そうした主体的な姿勢を身につけ

自分で自分の身を守ることができれば

もう初心者ではないでしょう。

 

ちなみに、新入社員なのに外部に対して新入社員ぶらないでいたりすると

その度胸を面白がってくれ、色々と手を差し伸べてくれる人が出てきたりもするものです。

無駄に大口をたたく必要はないけれど

胸を張ってみることは、ちぢこまっているよりもいいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました