マニュアルで失敗を

manual 投資全般

昨日は、私と下の子の体調不良でお休みをしていました。

まだ3歳の下の子は、こうして一緒に過ごしていたことも

きっと忘れてしまう。だからこれみよがしに、書いています。

 

父は、わりとマニュアルが好きです。

マニュアル通りやるのが好きなのではなく

マニュアルを作るほうに喜びを感じる。

 

何十回も仕事を変えているということは、何十回も新人だったことを意味します。

すでに職場にできあがったマニュアルがあることもあれば

先輩のカンで成り立っているような、習うより慣れろの職場もありました。

 

私は後者のような、言語化されていない手順やコツを

自分なりにまとめて、後進に伝えるのが好きです。

 

自分がもがいた時間や苦労を、ほかの人も味わうべきだとは思わない。

できればスマートに習得して

余った時間でよりよいアイデアを出してくれたほうが

全体のメリットにもなると考えていたからです。

 

しかし、今は考えをあらためました。

君たちは失敗をしたほうがいい。

もっというと、仮にマニュアルがあっても必ず失敗はする。

 

人間は

マニュアルがあろうとなかろうと

そのマニュアルを先達がどのような思いで作っていようが

マニュアル通りには実行しない。

「これ以外はやらなくてよい」と伝えても

100%「これ以外」の自分の好きなことをやり始めます。

みんな「大人」なのに言いつけを守りません。

最短距離の地図があっても、寄り道しちゃうよね。

 

まるで、片方の靴下をはいたところで

台所に麦茶を取りに行く、君のようです。

まず両方はけよ。といつも言っているね。

 

また、マニュアルがあることに感謝もしないし

余った時間でマニュアルを改善してもくれません。

マニュアルがあって当たり前の環境だし

人生において時間は余らない。

 

そして結局、マニュアルがあっても

自分勝手にやって失敗をする。

 

「マニュアルに従え」などと言いたいわけではありません。

随時マニュアルは疑ったほうがいいし

自分の頭で臨機応変に対応できるほうが良い。

マニュアル通りでは対応しきれないケースもあるはずです。

予想外の出来事は、人生のコクとして堪能しましょう。

 

大切なのは

マニュアルの不備をあげつらうことではなく

マニュアルの手順の奥に通底する考え方を読み取れるかどうか

そのうえに自分のオリジナリティを加えることができるかどうか

そのためには、失敗と反省を繰り返すしかありません。

 

失敗は怖いとおもうけれど、みんながいるから乗り越えらえるよ。

 

タイトルとURLをコピーしました