不動産 宅建試験 建蔽率(建ぺい率)と高級住宅街

housing 不動産のためになる話

「敷地面積に対する建築面積の割合」のこと建ぺい率と言います。

 

100㎡の土地で

建ぺい率50%とあれば

 

100㎡の土地のうちの

50㎡の部分にだけ建物を建てれらます。

 

裏を返すと

残りの50㎡については

スペースを空けておかないといけません。

 

建ぺい率の規制の目的は、まず一つが「防火」です。

 

隣家とのスペースがなく

ギチギチに建物があると

1軒の火事がどんどん隣りに移って拡大してしまうからです。

 

敷地内にある程度のスペースを確保することで延焼を防ぎます。

 

住居系の地域は3060%くらい

商業系の地域は80%というイメージです。

 

商業系の地域では条件さえ整えば

建ぺい率100%も可能なので

繁華街のビルなどはギチギチに並んでいたりしますよね。

 

もう一つの

建ぺい率規制目的は

住環境の保護」といわれます。

 

家屋と家屋が離れているほうが

圧迫感がなくてよかろう

または

庭が広いほうがよかろう

ということです。

 

高級住宅街

閑静な住宅街

と呼ばれるところは

もれなく建ぺい率が低いです。

40%か50%くらいですかね。

 

本当のお金持ちというのは上に高い建物を建てません(笑)

 

だだっ広い土地を買って

ちょこんと、二階建てとか平家(ひらや)の家を建てるんですね。

 

門から玄関までが遠い、ああいう家です。


建ぺい率は都市計画法で決められているのですが

建築基準法の「建築協定」という手続きにより

特定の地域では

都市計画法で定められている以上に厳しい規定が置かれています。

 

例えば

東京の田園調布

 

建ぺい率の規制ではないですが

最低の敷地面積は「165㎡以上」

建物の高さは「9mまで」

ワンルームマンションの建築不可

等々

 

相当厳しい規制がありあます。

 

165㎡つまり50坪以下の宅地は田園調布にあってはならぬ、と(笑)

 

敷地が小さいのは

ゴミゴミした感じがして

高級住宅地の威厳が保てないんでしょう。

 

田園調布という街は

実質的に

お金持ち以外は受け入れなくてよいと

公に認められていることになります。

 

100㎡の土地を3億円で買える人がいても

田園調布には住めません。

誰も100㎡分の土地を売ってくれないからです。


お金持ちしか住めない土地や建物がある

というのは問題がないと思いますが

 

それが法的に保護されているというのは

ちょっと、どうかなあという気がしています。

 

田園調布を歩いていると

すごいヨソ者みたいな目でジロジロ見られます。

 

歩いている人がそもそもいないんでね(笑)

セレブはお車で移動です。

 

私は、いくらお金があっても田園調布には住みません。

 

負け惜しみじゃない!

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました