FXの基本戦略

fx-strategy FX

前回

「では、我々が打てる対策はなにがあるのでしょうか?」

なんて思わせぶりな最後でしめました。

 

また、1回目の記事で

 

①なぜモンスターは個人に勝てるのか理解しておく

②なぜモンスターに勝てないのか理解しておく

③モンスターを敵に回して戦ってはいけない

④モンスターと戦わずして経済的自由を手に入れることを考える

 

とも書きました。

 

モンスターとはマーケットメーカー(大口法人たち)としましょう。

 

③はただの教訓です。

④は一生のテーマかもしれない。

①と②は表裏一体で、

 

・マーケットメーカーは資金力において、個人投資家の群れよりも強い

ゆえに、価格を変動させられる

 

マーケットメーカーは情報力(個人投資家のポジションを把握)において

個人投資家よりも優位である。

 

個人投資家は、本能に逆らえないがゆえに、みな似たような動きをしがち

なために、マーケットメーカーから動きを容易に予測されがちである。

 

たぶん、人間が魚を釣るみたいなもので、

「何千年釣られてるんだ。進歩しねえな」って感じなのだと思います。

 

以上の理由から

必然的に、「FXトレードにおいて個人は勝ちにくい」という結論が出てしまいます。

 

これは、相場は9割の人間が退場するとよく言われるのとも合致します。

 

個人投資家はマーケットメーカーによって退場させられているとも言えるでしょう。

 

では、我々が打てる対策はなにがあるのでしょうか?

 

可能性(FXトレードで個人的に収益をプラスにするという意味であり、

マーケットメーカーを打ち負かす、ということではない)があるとすれば

 

・マーケットメーカーの動きに追随する

 

しかない、ですよね。

 

 

じゃあどうやって?

 

マーケットメーカーが動くサインを見つける手法を考えるしかありません。

 

これまでのところで重要そうなのは

 

「マーケットメーカーの動きに連動する

  • 51%以上の勝率の手法を考える
  • 勝率は低くても大きなリターンを得られる方法を考える」

ですね。

 

もう少し加えると我々が手にしなければならない手法は

 

マーケットメーカーの動きに連動、追随し、個人投資家の本能には逆らう

  • 51%以上の勝率の手法を考える
  • 勝率は低くても大きなリターンを得られる方法を考える

となるはずです。

 

マーケットメーカー達は何を狙っているか?

個人投資家は何をしがちか?

の2つの観点でFX相場を考えることがマストです。

 

またFX相場は綱引きと言われることが多いです。

 

多数決というよりは、資金量による綱引き

売りが勝ったり、買いが勝ったりを日々繰り返している中で

その都度、どちらが強い勢力なのかを見定めることが必要になります。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました