FX RCI使いの鳥居さんと三平さん

dci FX

「RCI」で書籍を調べていても

なかなか実践的なことを書いている人はいません。

 

そんな中で以前からRCIの情報を発信している第一人者は

鳥居万友美さんでしょう。

 

また、最近Twitterで精力的にトレード情報を発信しているかたに

三平さん

がいます。

 

父は勝手にこのおふた方をRCIマスターだと思っています。

 

著作権に触れないかたちで簡単に

鳥居さん、三平さんのRCIの使い方を見てみましょう。

と言いたいところでしたが

 

どちらも大枠で一緒なので簡単に紹介します。

 

①RCIを使う目的

・トレンドの判断(方向と強さの計測)

・判断したトレンドでの押し目買い・戻り売りのタイミングをつかむこと

 

②トレンドの判断のしかた

・中期線・長期線の2本が上または下に張り付いているケースでは

上なら上昇トレンド

下なら下降トレンド

と判断する。

・短期線・中期線・長期戦の3本が張り付いていると過熱ぎみ(反転の可能性を考える)

 

押し目買い、戻り売りのしかた

中・長期線が片方にはりついていて、

短期線のみが反対側に到達した時にエントリー

 

④環境認識の仕方

日足で判断したトレンドには逆らわず、下位足でのエントリー

 

⑤推奨通貨ペア

なんでも(笑)

 

⑥期間設定

鳥居さん 短期(9)中期(21 26と書いていたこともあり)長期(52)

三平さん 短期(9)中期(26)長期(52) Twitter上より

 

こんなところでしょうか。

おそらく、おふたかたがメディアで公開している情報は

実践されていることのごく一部だと思います。

RCIがマイナーなので、いきなり複雑なことを語るよりも

すごくシンプルな紹介にとどめている印象です。

 

3本の線の動きの組み合わせ、時間足、表示する設定期間も

かなり細かく観察、変更されていると考えるのが普通でしょう。

 

君たちも、もしRCIを使用するのであれば

ちょこちょこと設定を変えてみて、自分なりのものを見つけることを推奨します。

それくらいの努力はしようね。

 

あと、通貨ペアについては

父はやはりクロス円はさけてドルストレートをすすめます。

理由は以前にも書きましたが

クロス円は他通貨ペアの影響を受けやすいので

「予想を大きく超える値動きをする」ことが多いからです。

「予想外に儲かる」ことは

人を油断させるので、「予想外に損をする」ことの近道になります。

 

RCIについては以上です。

ではまた。

 

タイトルとURLをコピーしました