新年の計

newer 投資全般

あけましておめでとう。

 

1年の計は元旦にあり、らしいです。

(元旦とは元日のなかの朝だけをさすんだよ)

 

父のこのブログも、もうすぐで50記事くらいになります。

妻にも内緒でコソコソ書いてますが継続できたらなと思っています。

もちろん一つは内容のあることで。

 

さて三田紀房さんの漫画の中で以下のセリフが出てきます。

《100人の人が思いついたとしても

行動するのは そのうちのたった一人

そして

100人の人が行動したとしても

行動し続けられるのはそのうちの一人

つまり1万人のうち一人しか「やり続ける」人間はいない

天才とは

じつはそういう

カラクリなのだそうです》

 

堀江貴文さんは、Youtubeでも人気を博していますが

Youtubeがブレイクしたのは割と最近のことで

それまで毎日動画を上げることを2,000本くらい続けたそうです。

彼は間違いなく才能のある方ですが、

それに加えて地道な努力をする人でもあるのですから

最強です。

 

続けることでしか分からないことがあるし

失敗を重ねるなかで成長するチャンスがもらえます。

 

失敗の効用は

次の作戦を練れること。

最初から勝ち続けていると、現状に満足するばかりで

次の作戦を練ろうという思いに至りません。

また、他者に優しくもなれません。

 

新年は、心機一転、何か新しいことを始めるいい機会です。

始めるのに遅すぎることなど、何もありません。

誤ちを改めるのに躊躇してはいけない、とも昔の人はいいました。

 

2020年も君たちにとって良い年でありますように。

陰に陽に、君たちのチャレンジを応援していきます。

 

タイトルとURLをコピーしました