究極の小説 ダルトン・トランボ『ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)』

gun 読書感想文

私はあまり小説は読みません。

もっぱらノンフィクション社会の闇(笑)をあぶり出す本ばかりを読み

妻からも「何が楽しくてそんな本ばかり」と言われています。

 

そんな私が唯一、字の通り「衝撃」を受けた作品

ダルトン・トランボ『ジョニーは戦場へ行った』です。

あらすじはWikipediaをどうぞ。

 

この小説を読もうと思ったきっかけは

もちろんブルーハーツの『ラインを越えて』という曲でギターのマーシーが

「ジョニーは戦場へ行った。僕はどこへ行くんだろう」と歌ったからです。

 

あらすじを見てもらえればわかる通り

戦争で怪我をして、目・鼻・耳・口・腕・脚を失い、

肉のかたまりとなった主人公が外界と意思疎通をはかろうとする、という内容で

ひたすら主人公の回想や、内面でのひとりごとが続きます。

 

「ぬお、これは映像化できない、小説にしかできない表現だ

と思ったわけですが映画にもなっています。。

 

はっきりいって、こちらが元気な時でないと、体力をひどく消耗する作品なので

万人におすすめするわけではありませんが

個人的な備忘録として銘記しておきたい作品です。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました