不動産 宅建試験 費用の予算上限は10,000円

100euro 宅建合格に役立つ話

お金が余ってしょうがない!!

という受験生は多くないでしょう。

 

いや、ゼロだと思います。

お金が余っていたら、宅建など受けないと思いますから。

 

ともあれ、できれば費用は少ないに越したことはありません。

 

予備校批判をするつもりはありませんが

当ブログに表示される予備校の広告で

「今なら20,000円オフ」

とか表示された日には

20,000円もあったら楽勝で合格できるわ

と思ってしまう今日この頃です。

 

お金と時間は節約するに越したことはありません。

 

よね??

 

父の独断では
独学で10,000円以上費やしたらダメです。

 

高い本でもほとんど1冊3,000円しません。

 

10,000円を超えるということは、
4冊以上所有しているということ。

 

ぜ~~~~~~~~~~ったい、ムダです。

 

君たちには、君たちなりの
予算と時間の制限があるはずです。

 

ここはひとつ父を信じて
10,000円を上限に買い物の工夫をして下さい。

 

3,000円の本×分厚い4冊よりも

1,000円の本×薄い9冊

のほうが断然有益だ、と断言しておきます。

 

9冊も読めないよ~
と思う方、ご安心下さい。

 

薄い1,000円の本を9冊読めない方は
ぶ厚い3,000円の本を3冊や4冊
読めませんから(笑)

 

冗談はさておき

必要なのは

1 過去問題集(10年以上)

2 基本書・テキスト

の2冊を中心にしましょう。

 

先日とある過去問題集を見ていたら

過去の出題分野の表に併せて

 

今年の予想分野が掲載されていました。

 

その数なんと55問!!

数えました(笑)!

 

それは予想と言えるのか(笑)

せめてキッチリ50問にしておかないとねえ。

 

それはともかく

ヤマを張って、

出るとか出ないとか予想する脳内余力があるなら

他のことやりましょう。

 

100%ヤマが当たることなんてありません。

少しは当たるし、少しは外れます。

 

同様に模擬試験での問題の的中とか無視して構いませんよ。

単なる予備校のセールストークですから。

 

やるべきことは徹底的に過去問を消化していくこと。

他の本は、過去問を解答するのに役立つものであるべきこと。

 

そうすれば、試験当日

「どんな問題きてもいいもんね!」という気分に必ずなれます。

 

結局はそれが、宅建合格への最短距離なのです。

タイトルとURLをコピーしました