子育てメモ

kids 読書感想文

メモを整理していたら

「子育て」というメモが出てきました(汗)

 

父の頭の整理のために、残しておきます。

 

・君たちにどう育ってほしいか?

→立ち上がれる、立ち直れる人

・大人、自立とは?

→一人で稼ぐ能力を身につけさせる

 

以下3冊の本の感想です。

『学力の経済学』より

・アウトプット(テストの点)より、インプット(本を読む・宿題をやる)

にご褒美を与えるのが効果的

・小学生はお金よりトロフィー、中高生はトロフィーよりお金がご褒美

・学力が高いと自尊心も上がる

・ほめなくてもいいが、ほめるなら

頭がよい(能力)よりも「頑張ったね(努力)」をほめるべき。

・テレビゲームは1時間なら問題なく、2時間を超えるとよくない。

 

『最高の子育て ベスト55』より

・プロセスをほめる。

 

『賢い子に育てる究極のコツ』より

・語学は8〜10才がベスト

・暗記ものは寝る前に

 

以上です。

 

まったく、自分が父として実践できていないことに驚きつつ

これからは反省して「頑張ったね」と声をかけていきたいです。

でも

10点満点で2点とか取ってきても「頑張ったね!」というべきなのか。。

ご褒美をあげれるほどのアウトプットではないから、インプットにしかあげられないぞ。

 

ちなみに、下記の本も面白いですよ。

日本人は村上春樹しか載ってないのも興味深い。

君たちは、父が天才ではないのと同じく、天才ではない。

天才の片鱗は見えない。

この本を読むと、天才ですら(だから?)

毎日続けている日課(ルーティーン)がある。

 

我々もコツコツと頑張らないといけませんね。

タイトルとURLをコピーしました