一発退場はやめてね。

redbird FX

FXトレードでもどんな投資でも

「一発退場」レッドカードだけは避けなければいけません。

 

誰も退場したいと思って入場していないのはわかります。

当たり前にすぎることですが

それでももう一度「ダメ、一発退場」と唱えてください。

 

父のスタイルは

1 裁量でのスイングまたはデイトレード

2 娯楽的ポジポジ

3 自動売買

3つの組み合わせです。

 

注意点はただひとつ

すべて低ロットでのエントリーに徹する

です。

 

前回、3の自動売買に関し、多くの相場に対応するためには

ナンピン・マーチンゲールを取り入れて低ロットで運用すべし

と書きました。

 

2 娯楽的ポジポジも

言わずもがな、低ロットでのエントリーです。

だってそうでしょう。

相場に関係なく自分のトレードしたい欲求を満たすための

エントリーですから

そのようなエントリーで高いロットでエントリーをして

一発退場になったら目もあてられません。

 

1 裁量でのスイングまたはデイトレード

残念ながら?低ロットでのエントリーです。

1週間とかの値動きはそれなりに大きくなるもの

ですから、予想と逆の値動きをした場合

高ロットでエントリーしていると

一瞬で身動きが取れなくなります。

 

よって、結論はすべて低ロットでのエントリーをお勧めします。

 

父は、これ以外の本質的な一発退場回避方法をしりません。

一発退場さえしなければ、次の策を講じられる可能性が残りますから。

 

なあんだ、低ロットでやったって、儲からないじゃん

つまんねーの

と思った君たちへ

 

2点つたえておきます。

「低ロットでのエントリー」を勧めるのであって

必ずしも「低ロットでの運用」を勧めているわけではありません。

この違いすごい大事。

 

最初は小さくエントリー

だけれども、たとえば、ナンピン・マーチンゲールや買い増し、売り増し

をしていくと、結果的には中ロットくらいでの運用に変化

してくるからです。

 

もう一度書きますが、「最初は低ロットでエントリー」ですよ。

最初から中ロット、高ロットでエントリーしていると

次に打てる選択肢が極端に減ります。

 

もうひとつは

「低ロット」とは君たちの資金力によって変化するということです。

10万円の資金で0.01ロット(XMでの最小単位 1,000通貨)

1,000万円の資金での1.0ロット(100,000通貨)

は等しく「低ロット」と言えるかもしれない

(本当は、資金が100倍になったからといって、ロットを100倍にするのは勧めません。

50~80倍くらいに留めておいたほうがよい)。

 

余談ですが

手元の資金が大きくなると、気が大きくなる半面

失う恐怖も増大するものです。

 

君たちの

そのときどきの状況に応じた適正なロット数があると思います。

 

ただ、「低ロットでのエントリー」の原則は忘れないでほしいと思います。

 

最後に、おそらく次回が100記事目になるようです。

ひとりで100記事記念をしたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました