不動産 宅建試験 速読のコツ

kid 宅建合格に役立つ話

もしかして速読コンプレックスではないですか??

 

NOという人は、おやすみなさい。グーグー。

YESという人も、あまり期待しないで下さい。

 

父は速読をマスターしていません。

でも妻に言わせれば、本を読むのが早いそうです。

 

字を読むのが早いということでしょうか。

あまり他人と比較する機会もないのでよくわかりません。

 

ただ、かなり昔、速読というものに憧れたことがあることを白状します。

少しだけそのテの本も読みました。

 

でも、ぴゃっぴゃと本のページをめくって本を読めはしません。

 

出来る人は、本当に出来るのだと思います。

あいにく父は出来ません。

 

ちなみに

基本的には手でページをめくる以上のスピードでは速読できません

ある速読術では、ページを早くめくる訓練をしているようですが。

なにもそこまでしなくても(笑)


出来ない父が、出来ないなりに

速読というものについて思うのは

心の中で音読しないこと」が重要だということです。

 

黙読とは違います。

心の中でも読まないのです。

 

つまり、音声化せず、文字を見るだけで理解しよう
ということですね。

 

意外や意外

誰かが取材にくるような驚異的スピードで

本を読むことは難しいですが

心の中で音読せず、文字を眺めるだけで

ある程度の意味をくみとることは訓練次第で可能です。

 

父は、本を読むのがツライときは

心の中で鼻歌をうたいながら本を見ます。

 

読むのではなく、見ます

「ふふふ~ん。ふふふ。ふふふ~」とかメロディーを奏でながら

文字の上に目を走らせるのです。

 

「ふふふ~」と歌いながら同時に文字を読み上げることは

父にはできません。

 

でも、本の意味が全く頭に入らないかといえば

そうでもないです。

 

結構わかります。

 

信じられませんか??

是非やってみることをオススメします。

 

想像してみてください。

 

目の前に300ページの本が置かれます。

キンドルでもよいです。

 

1秒につき1ページのハイペースでページが切り替わります。

 

5分の間、知ってる限りの円周率を心のなかで唱え続けてください。

 

さあ、5分たちました。

さて問題です。


この本の内容は経済小説でしたか?

それともポルノ小説でしたか?

 

正解は、ポ・・・・

 

速読できない、速読にチャレンジしてみたこともないというあなたでも、

この問には100%の確率で正解できると思います。

 

視界にはいってくる情報の断片から

音声化しなくても(3.14〜と唱えていたとしても)

経済小説かポルノ小説かくらいは、必ずわかります。

 

わからないという方は、目をつぶってたんでしょう?

 

この小さな(?)違いがわかるという実感は大切にしたいものです。

 

あなたは心の中で文字を読み上げなくても

絶対にジャンルくらいは判断できます。

 

もう少しゆっくり、2秒に1ページの間隔でめくられれば

もっと内容が理解できるでしょう。

これが3秒に1ページ、4秒に1ページとなれば

どんどん理解が深まります。

 

標準的な本を読むのに、普通は早くても1ページ1分くらいかと思います。

 

でも、超速のページめくりから訓練していくと、

次第に1ページを1分かけてたら、タルいぜ、って気になります。

 

さんざんエラそうに書いてみましたが

立ち読みでぱらり~としただけで

買うか買わないか決めてるのと同じことです。

 

読まなくても読める。

ってことに意外と多くの方が自覚していないようなので

書いてみました。

 

ちなみに、宅建試験合格において

速読力(ほかの受験生より早く文章を読む能力)は

合否に影響しませんので悪しからず!

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました