不動産 宅建試験 マンション管理員検定のピンバッジを取得

flat 宅建合格に役立つ話

自慢になるのかどうか知りませんが(ならない)

父はマンション管理員検定のピンバッチを持っています(笑)

 

父が受験したのは平成23年の9

初回です。

 

はじまって日の浅い、民間団体主催の試験です。

 

合格率は60%とか、もっと高いかもしれません。

 

受ければ受かる、そういう試験だと思ってもらって

構わないと思います。

 

落ちた人、すみません。

 

父自身も落ちるはずないと思ってたわけですが、

ただ合格するだけじゃ面白くありません。

 

別にマンションの管理人さんになる予定もありませんから

バッチが超欲しい、という気持ちは皆無でした。

 

でも、やるからには

「優秀成績をおさめた最上位合格者には、当協会認定ピンバッチを贈呈」

という中に入りたいと思いました。

 

今しがた調べたところでは

合格者のなかで上位15%以内に入れば貰えたようです。

 

父の主観では、父は100名は超える試験会場で

一番早く会場から退出したと思います。

時間が余ってしょうがなかったんです。

 

自慢ですよ。

 

50問中、自信が100%でない問題は2問だったと記憶しています。

 

100%の自信を持って、

48問(正確には5問免除があったので43問)

は解答して退出しました。

 

あいにくこの検定は、

問題も持ち帰らせないし正解も発表しない

という実に閉鎖的なスタイルなので

実際父がどの程度得点したのかよくわかりません。

 

で、予定通り合格証書とバッチが届きました。

 

父の使ったのは公式問題集と公式テキストだけです。

このマイナー試験を受けようと思ったら

教材はその2冊しかないので。

 

これこそまさに、みんな同じ教材を使っている状況ですよね。

 

でも合格者の上位15%に入る父

(内心、上位3%くらいには入ってたと確信してる)と

40%の不合格者とに分かれてしまうのです。

 

同じテキスト、同じ問題集を使用しているのに!

 

やはり「使い方」に秘訣があるらしいなと察して下さると幸いです。

 

今回は、ただの自慢でごめんなさい!

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました