不動産 宅建試験 仲介・媒介の話

shakehands 宅建合格に役立つ話

宅建と言えば

仲介・媒介です。

なぜ「媒介」なんて鬱陶しい用語を使うのか理解に苦しみます。

 

あなたが

不動産の売却を業者に依頼するときに

あなたと業者との間で「媒介契約」というのを結ぶのが一般的とされています。

(実務では、事前に書面を交わすのではなく、成約時に交わしているケースが多いですが)

 

どのテキストにも載っていることで

媒介契約には

「一般媒介」

「専任媒介」

「専属専任媒介」

3つの種類があります。

 

細かいことは省略します(するんかい)が

 

売却を依頼するあなたにとっての

業者選びの「自由度」は

一般媒介が最も高いです。

沢山の業者に依頼することができるからです。

 

一方で

一番「自由度」がないのが

「専属専任媒介」です。

一社独占というイメージですかね。

 

多くの人が誤解しがちなのが

「一般媒介」=「多くの業者に依頼できる」のほうが

「専属専任媒介」=「一社に拘束される」

よりも

効果的(迅速かつ高値で売却できる)なのでは??

ということです。

 

普通であれば

多くの人間に競争をさせれば

よりよい果実が手にできるのかも知れません。

 

プレゼンとかコンペとか大体そういうものですよね。

 

でも

不動産はそうじゃないんです(苦笑)

 

業者からしたら「一般媒介」ってやる気が出ないんです!

 

その物件を売り込もうというやる気が、ね。

 

交際相手から

公然と「二股(以上)の宣言」をされているのと同じ。

 

逆に「専属専任媒介」のように

きっつい束縛系のほうが

業者は

「一肌脱いでやろうじゃないか」と腕まくりして

頑張ってくれる可能性が高い。

 

歪んだ愛じゃあ

ありません。

 

100%常にどちらかが正解ということではありません。

 

ケースバイケースですよ。

 

本日あなたに投げかけたいのは

 

5人の愛人に依頼するのと

1人の本命に依頼するのと

 

一体

どちらが成果?が上がるだろうか??

 

ということ。

 

是非お考えくださいね(笑)

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました