不動産 宅建試験 おすすめ過去問 選び方

textbook 宅建合格に役立つ話

宅建試験に限りませんが、過去問はどういう基準で選んでいますか
 
自分の手に取って確かめて買うことは重要です。

 

父は都内在住なので、大型書店に気軽に行けます。

 

そうでない方はAmazonで検索してタイトルだけみて購入するのかもしれません。

 

近所の書店の品揃えが十分ではないという方の参考になればと 

池袋のジュンク堂とリブロという二大書店に行きました。

あと、新宿のブックファーストです。

 

新宿のジュンク堂がなくなってしまったのはイタイ。

 

とりあえずこの3店を押さえておけば

ほとんどの本に目を通すことができます。
 

そして、宅建の過去問で、君たちに有益そうなものはないかな~と
      
棚の片っ端から抜いてパラパラしたんですけど 

ありませんでした!!

 

すごく残念。
本当に残念。

 

あれば当ブログでもご紹介しようと思ったのですが

ないのですから、ご紹介もできません。

以前はあったんですよ。

で、父はそれを使いました。

 

父の過去問選びの着眼点は3つだけ。

 

① 1問が1ページ完結もしくは見開きで完結

年度別・出題順に収録

10年分問題完全収録

 

それだけです。解説の充実さなんて無用。

 

でも、たったそれだけの条件を満たす本が見当たりませんでした。

 

まず、ほぼ100%の過去問がジャンル別

にまとまっている時点で父は気に入らない。
      
どうやら受験生はそれが好きらしいから

その手の過去問しか売っていないんでしょうが。
      

問題と解説が別冊とか、

問題と解説が300ページ離れているとか、

一問一答とか、信じられません。


中には600問収録とありながら、

統計問題はゼロ収録の本もありました。

 

数値が変わるから、気持ちはわからなくはないけど。

こういう問題が出たんだよ、くらい教えてくれてもいいのに。

 

文句を挙げればキリがないのでやめておきます。

なんか、市販の過去問は、親切すぎて逆に使いづらく

なっている気がしますね。

 

結局、もうどの過去問でもいいですよ(苦笑)

 

嘘です。

一応、Amazonで検索したところ

①見開きで完結

②15年収録

という条件に該当しそうな本がありましたので紹介しておきます。

 

通常なら、2019年以前のものを使用しても構わないのですが

2020年は民法の改正があるので

それに対応した2020年向けの最新版を入手するのがよいでしょう。

 

また、紹介した本は15年プラス1年とありますが

最新のものから10年の問題を解き込むだけで十分です。

余裕があればもちろん12年でも16年分でもやればよいですが

まずは10年をしっかりとやる。

それがとても大切です。

 

タイトルとURLをコピーしました