不動産 宅建試験 過去問の重要性について

kid 宅建合格に役立つ話

書店で宅建のコーナーを見てみると

問題集としては2種類あります。

 

1つ目はもちろん、過去問題集。

2つ目は過去問を基に改題した「厳選問題集」みたいなものです。

この厳選問題集にはたいてい

「頻出テーマを厳選」

「これさえ押さえれば大丈夫」

みたいなコピーが添えられています。

 

5問の類似する過去問からエッセンスを抽出した1問みたいなものの寄せ集めですね。

言葉が悪い。

 

では

1問で5倍おいしい問題が100問の本

 

 

10年分収録の過去問

 

どちらが合格に効果的かと聞かれれば

父は間違いなく過去問だと答えます。

 

厳選問題集でも合格はできると思います。

むしろ、うまく使えれば10年分の過去問をやるより

早く合格できるかもしれません。

それくらい、市販の厳選問題集はエッセンスが詰まってると思います。

 

でもうまく使える人っていうのは既習者でしょうね。

 

当ブログでは勝手に初学者を想定しています。

父が過去問10年分にこだわる理由は2つ。

 

・我々はせっかくの100のエッセンスを勝手に20くらい捨ててしまう癖があること。

 

・「飽き」の習性から、同じ参考書、問題集を何度も繰り返すことは耐え難いこと。

です。

 

父は当ブログで繰り返し

「テキスト・問題集の出来の問題ではない。使い方の問題だ」

と言ってきたつもりです。

 

君たちがエッセンスの詰まった厳選問題集の全てを吸収できれば

合格は近いです。

 

しかし、おそらくは、吸収できないのです。

 

人間だもの。

 

また父は

初学者は特に

5問分のエッセンスの詰まった1問をやるより

過去問で類題を5問見るほうが、以下の理由から、効果的だと考えます。

 

・ 次の類題にたどりつくまでに適度な時間的な間隔があくこと

・ 同じテーマを様々な角度から見ることができること

・ 似てはいるが違う問題なので新鮮さが失われにくいこと

・ 以上の理由により、飽きずに繰り返し回すことができること

 

過去問を10年やることに、無駄が含まれるのは事実です。

 

でも、無駄を完璧に排除すれば結果もついてくる

というわけでもないのです。

 

効果をあげるために

多少の無駄は承知で過去問に取り組むほうが

 

結局は飽きることなく、最速最短でゴールまで

走り抜けることが出来るのだと思います。

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました